JR熊谷駅北口徒歩15分
営業時間 9:00〜22:00

048-578-8177

基礎科について

基礎科は、主に志望校未定の中学生から高校2年生を対象に鉛筆デッサンと色彩構成、油絵(希望者)の基本を学ぶ科です。
しっかりとデッサン力を養いながら、選考を考えて志望校の決まった人は志望の科に移り、それぞれの力量に合わせた受験対策に入ります。基礎科以外の科を受験科といいます。

クマビの基礎科の特徴

クマビ以外の美術予備校では高校2年生までの生徒は基礎科で高校3年生から受験科に在籍するのが一般的なやり方ですが、
クマビは高校2年生までの人でも専攻が決まった生徒は受験科に移ることができます。
又、自分がどこの科を選ぶか考える間にしっかりと基礎力を養っておけるのもクマビの基礎科の特徴です。
受験科では入試に近づくにつれて実践的な課題が多くなり、基礎力が弱点となり問題になることは珍しくありません。
受験科に入った時にネックになりやすい問題を取り上げ、スポットを当ててしっかりとトレーニングしておくのがクマビの基礎科の特徴です。
場合によってはどこの科にするか決まっていても基礎科に留まって基礎力を養成しても良いかもしれません。

初心者の人の進め方

初心者の人は鉛筆を使ったデッサンを中心にデッサン力養成の課題に取り組みます。
志望校決定の前に色彩の基本を学び、色彩感覚を養成しておくために、色彩(平面)構成や油絵の道具を揃えて、課題に取り組みます。
基礎科で取り組む課題の内容は主に台の上に物を置いて描く「静物」。
長机の上にビンや小物などのモチーフを置いて描く「卓上デッサン」と「細密着彩」。「自分の手」。
鏡を使って描く「自画像」。色彩の基本を理解するために「グラデーション」などです。

中級者の人の進め方

志望校が決まらないけれども基礎的な過程を修了した人はさらなる実力の養成をはかります。
形の狂いや色の違いを見極める「バランス感覚の養成」。「制作スピードのアップ」。
抑揚の付け方や間の取り方の「リズム感や構成力の養成」見せ方/見え方を重視した「配色の研究」などを行い、じっくりと取り組まなければ身につかない基礎力を少しずつ養成します。

生徒作品一覧

トップへ戻る